タイで支払った高額医療費について


タイでロングステイ・長期滞在を検討するにあたり避けて通れないのが病気やけがに対するリスクヘッジですね?

医療保険等加入する方法もありますが、残念ながら何も対策をせず病気やけがになってしまったときの支給制度があるのをご存じだろうか?

簡単に言うといったんタイで治療費を全額支払い、日本に帰国してから支払った医療費の一部を還付請求できる制度があるのです。

国民健康保険:海外療養費の支給制度について

国保の被保険者が海外渡航中に病気やゲカで治療を受けたとき、条件を満たせば医療保険(海外療養費)が適用され、支払った医療費の一部について払戻しを請求することができます。

海外医療費支給(海外療養費支給制度)の請求手続

タイで

1. 受診した海外の医療機関では、一旦、かかった金額の全額を支払います。

2. その医療機関で、治療内容やかかった医療費などの証明書(注)を書いてもらいます。

「診療内容明細書」(治療内容が記載された証明書)
「領収明細書」(医療費が記載された証明書)
帰国後

3. ご加入の市町村・国保組合へ申請します。

申請時に必要な書類

療養費支給申請書
「診療内容明細書」・「領収明細書」 (日本語の翻訳文を添付、翻訳者の氏名、住所を記載)
国民健康保険被保険者証
世帯主の印鑑
世帯主の銀行口座のわかるもの
帰国していることが確認できるもの(パスポート等)
4. 市町村・国保組合から保険給付分が支給されます。

詳細は市町村・国保組合の担当窓口または下記にお問い合わせ下さい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA